【PUBG】PGC 2019 Day8(最終日) グランドファイナル 結果

2019年11月28日

作業用BGMです。記事のお供にどうぞ


11/25(月)にPUBG GLOBAL CHAMPIONSHIP(PGC)2019のDay8、グランドファイナルDay2最終日が行われました。当サイトでは特設ページにて試合結果を随時更新中です→https://madarab11.net/pgc/  開催日ごとの結果はこちら→Day1/Day2/Day3/Day4/Day5/Day6/Day7

グループリーグ、セミファイナルと熾烈な戦いを勝ち残り、全32チームから絞られた16チームが2日間計12試合を行い優勝が決まります。本日は最終日、世界一強いチームはどこになったのか?

結果

Image

世界各国のPUBGプロリーグから選抜された32チームの頂点に立ったのは、韓国PKL代表GEN.Gでした!

Image

総評

この大会、グランドファイナルまでGEN.Gはそこまで好調なチームではありませんでした。グループリーグでは最後まで苦戦し、最終試合でドン勝を取り、劇的にセミファイナル進出。セミファイナルではやや持ち直した感じはありましたが、結果全体の8位で突破と目立った成績ではありませんでした。しかしPGC2019はそういった必ずしも順調ではなかったチームこそ輝いた大会となったのです。

そういった苦難を乗り越え輝いたチームとしてまず挙がるのはFAZE。前評判では優勝候補筆頭に挙げられながらも、セミファイナル最下位で最終戦を迎え、そこで18キルドン勝を獲得しドラマチックにグランドファイナル進出を果たしました。そしてFAZEはグランドファイナルでも当初苦戦し、初日の最終ラウンドでまたしてもドン勝にて急浮上。2日目でも勢いそのままにMiramar、Sanhokマップで大暴れし、結果的にGEN.Gにわずか及ばずの2位となりました。

また千載一遇のチャンスを活かしたチームが北米NPL代表The Rumblers。このチームは当初国内リーグ戦で敗退し出場機会がなかったのですが、他地域のチームがビザを取得出来ず出場不可の代替として棚ぼたでPGCに出場しました。ところがダークホースとしてこれ以上ない活躍を見せ、グランドファイナルでもキルにこだわる戦略で多くのチームを壊滅させて結果は堂々の8位。誰もが予想しなかった活躍でした。

そして優勝したGEN.Gはグランドファイナルでは初日2連ドンスタートとし、2日目も初戦ドン勝、2戦目2位とロケットスタート。それ以外のラウンドではポイントをあまり伸ばせず足踏みしている印象でしたが、最終ラウンドで大量キルでポイントを獲得し2019最も強いチームの称号を獲得しました。選手ではやはりエースのPio選手の活躍が目立ちましたね。

個人的に印象の強いチームは4AM。グループリーグからグランドファイナルまで常に安定した成績を維持し最終戦前の段階では総合首位と一時は最もチャンピオンに近づいていました。最終戦でまさかの序盤に全滅してしまう展開で優勝こそ逃しましたが、押し引きに長けた非常にクレバーなムーブは今大会でNo.1だったと思います。また最終日ラウンド3でForever選手がたった一人安全地帯の真ん中で他チームからの猛攻をしのぎドン勝をもぎ取ったシーンは今大会で最も印象の強いハイライトになりました。

日本から出場したRJはグループリーグ敗退。SSTはセミファイナルで敗退と残念ながら成績を残すことはできませんでしたが、過去の大会比とべても世界との差は着実に縮まってきていると思います。次回の世界大会では更なる飛躍を期待します。でも今回は日本チームがドン勝を取るシーンを見たかったなあ...。

全日程を通して各チーム素晴らしいプレーが多く、PUBGの最も権威ある大会として素晴らしい開催となったと思います。次回も楽しみでなりません、では!

なおグランドファイナルモストキルは4AMのForever選手の23キルでした。

以下選手のスタッツランキング。参照元は:torotuna@torotuna_さん。

Image

Day8のラウンド毎の獲得ポイントの詳細や、チーム毎のキルポイントなどを特設ページに載せていますので是非ご覧ください→https://madarab11.net/pgc/