PJS season4 Grade1 Day5結果

2019年10月21日

最近BGM動画を作ってます。良かったら聞いてみてください!


10/14にDMM_GAMES主催の公式大会であるPJS(PUBG JAPAN SERIES) season4 Phase2 Grade1 Day5が開催されました。Day4の記事はこちら

週末に上陸した超大型台風19号の影響で12日から14日に延期。更にオンラインでの開催となりましたが、結果は...

Image

ハイライトはこちら:https://www.youtube.com/watch?v=gUGEGE2COQM

Rascal Jester(ラスカルジェスター) が前回に続き首位をキープ!今回もドン勝こそ取れなかったものの、安定してポイントを積み重ねての結果となりました。シーズン総合順位でも変わらず点差をつけて1位となっており、11月開催の世界大会PGC出場に向けて着実に前進していますね~。

2位につけたのは、これも前回と変わらずTeam RAYZE(チームレイズ) 。やはりドン勝こそありませんでしたが、Rascal Jesterが前回より28ポイント加算したのに対し32ポイントとわずかではありますが差を縮めています。Phase2から昇格のため総合順位は上位にいませんが、間違いなく今Phaseの台風の目となっています。

そして3位にはCrest Gaming Xanadu(クレストゲーミングザナドゥ)。今回は間違いなくこのチームが主役と言っていいでしょう!Round1での12キル(その内 Rio01選手が9キル!)に始まり、Round2では見事今シーズン初ドン勝。チームキル数は並みいるチームを抑えて53キルでトップです。いよいよPJS屈指の人気チームが覚醒したなといった印象です。総合順位でも2位とランクアップしてきており、トップのRascal Jesterを脅かすチーム筆頭と言えるでしょう。

4位には前回より1ダウンとなったZoo Gaming/Penguin(ズーゲーミング/ペンギン)。ランクダウンとはなりましたが、今Phaseの動きは非常に良く、特にRound3Sanhoc(サノック)ではドン勝こそ逃したものの、途中でのCrazy Cats Cosmo(クレイジーキャッツコスモ)との一戦では見事な連携を見せてくれました。

5位のSengoku Gaming(センゴクゲーミング)は前回12位より大幅ランクアップ。総合順位でもCrest Gaming Xanaduに僅差の3位につけ世界大会出場に向けてチームのモチベーションも大きく上がっている思います。

Day5モストキルは野良連合L4lq(ララ)選手の13キルでした!野良連合は現在13位と降格圏内。最終日の奮起に期待です。

全体を通して感じましたが、チーム間のレベル差がかなり縮まっているなという事。下位に甘んじているチームも決して動きは悪くないんです。それを上回って突出して良いムーヴが出来たチームが結果として上位になっている形ですね。

つまりどのチームが突然ブレイクしてもおかしくない状況。season2最終日となるDay6が非常に楽しみです!

最後に個人スタッツを掲載します。参照元はまこと@pubg垢@makoto_pubg39さん。

Image
Image
Image
Image