【PUBGモバイル】[Bグループ] PMJC SEASON2 セミファイナル結果

2019年10月28日

作業用BGMです。記事のお供にどうぞ


10/19に「PUBG Mobile Club Open Fall Split Global Finals(略称:PMCO)」予選となるPUBG MOBILE JAPAN CHAMPIONSHIP SEASON2(略称:PMJC SEASON2) セミファイナル、グループBが行われました。(予選Day1、Day2の結果はこちら。10/27に行われたグループAの結果はこちら )

PMJC公式サイトはこちら

予選を勝ち上がった16チームにて全5ラウンドを戦い、上位8チームが11/3に行われるファイナルへと駒を進めます。それはどのチームになったのか...結果はこちら。

Image

以上8チーム(上記画像内の左側のチーム)となりました!決勝進出の各チームの皆さん、おめでとうございます!

トップ通過を決めたALL REJECTION GAMING WISTARIA(以下ARW)はラウンド1、2こそ低調でしたが、ラウンド3、4で立て続けにドン勝!結果として2位を離して堂々の一位となりました。前評判通りの強さを発揮しましたね。

3位となったDETONATOR(以下DTN)もチームの評価の高さを裏切らず、安定したポイントを獲得して準決勝通過。

6位のBLUE BEES(以下BB)はラウンド4までなかなかポイントを稼げず苦しんでいましたが最終ラウンド5で見事ドン勝を取り逆転で決勝進出を掴み取りました。

個人的に見どころだったチームが5位のBEST FRIENDS(以下BFS)。男女2:2の珍しい組み合わせのチーム(チーム名の由来は友人同士の仲良しグループだから、だそうです)なのですが、このチームもラウンド4までポイント獲得に苦しんでいたところに最終ラウンドで2位に入り決勝に滑り込みました。中盤、他チームと戦闘になり、辛くも勝利しますが、蘇生が間に合うメンバーをあえて見捨て、安全地帯への移動を優先していたところが素晴らしい。ただの仲良しチームではできない行動でしたね。決勝もひそかに期待しています。

次回は台風19号の影響で開催が順延されたグループAの試合が10/27に行われます (オンラインでの実施) 。

蛇足...となりますが、今回実施会場の様子を見て思ったことを最後に。

オフラインで観客を入れての開催。途中いいシーンでは歓声も聞こえ、実況との距離も近い状態で臨場感がある素晴らしい内容でした。

ただ、気になったのが、選手が使用していたデバイス(スマホ・iPad・ヘッドホンなど)が選手個人の私物、またはそれぞれのチームのスポンサーから提供されているものとなっていてバラバラであったことです。

オンラインでの開催であるなら良いのですが、オフライン環境ですと他競技(例えばPC版PUBG公式プロリーグPJSなど)であればデバイスは統一されていることが一般的です。

スポンサーの付き方やそれに伴う運営の兼ね合いなどで難しいのかも知れませんが、今後eスポーツとして成熟した競技大会にしていくためにも開催者の方々にはがんばってもらいたいな、と思いました。

次回のグループA、そして決勝も楽しみにしています!では!