日本代表決定!【PUBGモバイル】PMJC SEASON2 ファイナル結果


11/3に「 PUBG Mobile Club Open Fall Split Global Finals(略称PMCO)」予選の最終日となるPUBG MOBILE JAPAN CHAMPIONSHIP SEASON2(略称:PMJC SEASON2) ファイナルが行われました。(グループAセミファイナルの結果はこちら、グループBセミファイナルの結果はこちら、予選グループの結果はこちら)

約一か月半続いた戦いもこれでひとまずは最後。世界大会となるPMCOへの出場権を獲得したチームは...。

Image

1位、ALL REJECTION GAMING WISTARIA(以下ARW)、2位、DETONATER(以下DTN)となりました!2チームの選手の皆さん、おめでとうございます!

Round1はDTN、Round2はARWがそれぞれドン勝を取り迎えたRound3、DTNは残り3チーム中最も人数が少ない2人の状況でしたが、最終局面、残り2チームがやり合って消耗していく中でグループBセミファイナルRound3のBLUE BEES(以下BB)を思い起こさせるような回復勝負で見事ドン勝。最終Round5は総合ランキングTOP3が最後に残る熱い状況でしっかりとARWがドン勝を取り、見事トップ通過となりました。

ファイナルのARWで目立った点としては、補給物資である装甲車を積極的に使っていたところですね。Round4、5のErangel(エランゲル)マップで両ラウンド共にARWの装甲車が印象に残りました。装甲車はスピードは出ないのですが、耐久力が非常に高く、また大きいため、銃弾から身を守る壁としての役割の他、乗車中は他の車両と違い中に射撃が通らずプレイヤーはダメージを受けないため、少し高い場所に停車して索敵に使う、という素晴らしい活用方法も見られました。今後メタになるかもしれませんね。

DTNではFecha(フェチャ)選手がとにかく目立っていました。Round3でBB二名とやり合った際に遠くの相手をKar一発で華麗に抜いてダウンさせてから近くのもう一人を処理した場面は格好良すぎでしたし、Round4ではACTIVE STYLE EVOLUTERS(以下ASE)相手に1vs3クラッチ(3人抜き)!Round5でもRAYSE YOUR SPIRITS(以下RYS)相手に1vs2クラッチを決めるなど、個人的にはファイナルMVP、まさに獅子奮迅の活躍でした。

両チーム共に日本代表として異議のつけようがない素晴らしい選手たちです。11月23日から行われるPMCOでも大暴れに期待したいと思います。